7 29, 2014

WR News #3

Room #7 2014年7月のニュース 業界面:MIT出身者のスタートアップAvaTech/ブラックダイヤモンドのグレゴリー売却 by 稲葉直幸 謎の雪崩マネジメントシステムAvaTech 革新的な雪崩対策をうたうスタートアップが今冬のサービス開始に向けて急ピッチで準備を進めている。 MIT出身のエンジニアらが昨年立ち上げたAvaTechのウェブサイトには、ハイテク機器とクラウドソーシングを組み合わせて「積雪の即時分析と情報のリアルタイム共有を促進するシステムを個人や団体向けに構築する」とある。しかしその具体的な事業内容は一切不明。全く新しいタイプの事前対策とみられ、ビーコンやエアバッグのような救助を目的とする事後対策と一線を画するようだ。 カナダ雪崩協会をはじめ北米の雪崩専門機関とすでに連携を進めており、「バックカントリーをもっとスマートで安全な場所にするべく世界中のコミュニティに従事したい」とバックカントリースキーヤーでもある創業者のBrint Markle氏はプレスリリースで語っている。 Black Diamondのスキー部門を率いてきたThomas Laakso氏をブランド責任者に迎えるなど体制強化をはかりつつ、これから本格的にプロモーションを始めるとみられる。気になるシステムの全容は9月のInternational Snow Science Workshopで発表となる予定。 ブラックダイヤモンドのグレゴリー売却益は4,000万ドル Black Diamond Equipment(ブラックダイヤモンド)が傘下のGregory Mountain Products(グレゴリー)を旅行カバン大手サムソナイトに8,500万ドル(約86億円)で売却。 ブラックダイヤモンドは昨年秋から選択と集中による事業再編を進めており、今回の売却もその一環とみられる。13/14秋冬からウェア事業に参入し、来季は雪崩エアバッグの販売を始める同社にとってグレゴリーのバックパックはコア製品から外れたとみられる。 ちなみに2010年に株式上場したブラックダイヤモンドが同年グレゴリーを買収した際の総額は4,500万ドル。売却益は単純計算で4,000万ドル(約40.5億円)。有名ブランドとはいえグレゴリーはダイヤモンドの原石だったようだ。 ブラックダイヤモンドのブランドイメージは堅実や素朴で語られることが多いが、その裏では華やかなマネーゲームが繰り広げられている。 プレスリリース 稲葉 直幸/medium@Naoyuki_Inaba 梅雨明けに大型荷物が突然届いてびっくり。一ヶ月前に予約オーダーした板だった。発送メールくらい送ってよ。新手の詐欺かとびびった。箱を持って二度びっくり。軽っ!次号#8で記事にするよ〜 WHITE ROOMのテキストは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。   Room #7 コンテンツ一覧… Read more

7 29, 2014

WR News #2

Room #7 2014年7月のニュース ギア:G3 Enzo生産終了/HEXO+とAirDogの不適切なライバル関係/goTenna by 稲葉直幸 G3 Enzo生産終了へ G3のテレマークビンディングEnzoが突然のThe Endを迎えた。 バックカントリースキーのコミュニティサイトEarnYourTurnsによると、ツアーモード付きのEnzoのみ今季からラインナップから外れるとのこと(G3のウェブサイトからもひっそり消えていた)。スムーズな蹴り上がりと操作性の優れたツアーモードを搭載し、満を持して投入されたEnzoだがわずか2シーズンの短命に終わった。 生産終了の理由は、「現在の販売ペースでは短期生産量でも売り尽くすには『何年もかかる』(G3販売責任者)」ほどの販売不振にあるとされる。なぜ売れないのか。 ツアーモード付きのテレビンディングよりも軽快で剛性のあるテックビンディングの台頭がその背景にある。軽量化を求めてテレマークからATセットアップに移行する人の流れがある中で、重量1,756gのEnzoは大きなアドバンテージをとれなかったのだろう。 ツアーモードを省いたEnzo Rは継続販売されることからも、ツアー用途としてはEnzoの設計思想は現在のトレンドから外れたものだといえよう。あるいは、Targa Ascentの後継機種としては時機を逸したともいえる。 元来はテレマークが本領を発揮するフィールドでEnzoはバックカントリーブームに乗るどころか、完全に蹴りだされた格好となってしまった。 HEXO+とAirDogの不適切なライバル関係 Room #6 Next Level Aerial Filming!で取り上げた自動追尾型ドローンHEXO+のKickstarterサイトに不可解なメッセージがキャンペーン終了目前に掲載された。 「競争は良いこと。ただし競争相手が良きライバルとは限らない」(Update #16) 7月14日、バッカー(出資者)専用ページのUpdate #16に投稿された文面には、「(同じコンセプトのドローンを開発中の)AirDogチームからマーケティング戦略に疑問を呈するメールが再三送られ、辟易している。”ライバル”の妨害行為に惑わさることなく、自分たちの仕事に専念しよう」と綴られている。一体どういう経緯と意図で書かれたのか戸惑うばかりだ。 AirDogチームからのメールの内容は公開されていないので、具体的にどんなやり取りがあったかは不明。両者の掲示板に寄せられたコメントから推察すると、HEXO+のキャンペーン動画に登場するアクションスポーツ各界の著名人たちの言動が問題視されているようだ。 アンバサダーである彼らはあたかもHEXO+のデモ飛行を体験した上で賛辞を送っているように見える。しかし、その時点ではプロトタイプも満足に出来上がっていない。意地悪な見方をすれば、ダイエットサプリメントの誇大広告と変わらない。 公平に意地悪な見方をすれば、AirDogチームのやっかみにすぎない。先に100万ドルの大台に達したHEXO+君。メディア受けがいいHEXO+君。なんだかキラキラしているHEXO+君。まぁ犬でなくても噛みつきたくなるよな。 Not Going to... 携帯電話の電波やWi-Fiが届かない場所でもメッセージをやり取りできるgoTennaの予約受付が米国のサイトで始まった。 この無線デバイスを使うと、Bluetooth LEで接続したスマートフォン(iOSとAndroid対応)から専用アプリで他のgoTennaと繋がったスマートフォンとテキストメッセージ(最大160文字)や位置情報の送受信が可能になる。スマートフォンをトランシーバーのように使うことができる全く新しいサービスだ。別途通信会社と契約する必要はなく、利用は無料。使用範囲内は最大約80km。 サインペンを一回り大きくしたサイズのgoTennaをバックパックに入れておけば、電波が届かない山岳エリアでも特定の相手と連絡できる手段を確保できる。通常のコミュニケーションはもちろん遭難時にエマージェンシーツールとしてスマートフォンを活用できる優れもの。 雪山では、スキー場近くでも地形の影響で電波状況が突然悪くなることは当たり前。バックカントリーユーザーにうってつけの機器だが、残念ながら日本での使用は電波法令の関係で今のところ実現困難のようだ。入山規制の制度化よりも、こうした機器が使えるように規制緩和なり法整備する方が救える命の数は多いのだけどね。 参考記事:「圏外でもスマートフォンでメッセージを送受信できる無線デバイ… Read more

7 29, 2014

WR News #1

Room #7 2014年7月のニュース 社会面:Tiny Houseムーブメント/25年ぶりの大雪のオーストラリア/#KnowYourPark by 稲葉直幸 Tiny Houseのザックがテレビ司会者デビュー 床面積10平方メートルの「小さな家」を牽引してパウダーを追いかけるTiny House Tour。3シーズンのロードトリップを終えた”プロフェッショナル・スキーバム”の大工ザック・ギフィンの新しい仕事はなんとテレビ司会者。 7月から始まったケーブルテレビ番組Tiny House Nationのホストとして、全米各地のユニークなTiny Houseを紹介したり、Tiny Houseづくりを通じて夢を叶えたい家族を応援する。 ニューヨーク・タイムズのインタビューの中でザックは、Tiny Houseに人々が惹かれる理由を次の4つに分類する。フレッシュで冒険的なライフスタイル。何かに情熱を注いだり家族と緊密に過ごす空間に最適なミニマリズム。工業製品のトレイラーハウス同等の経済性。環境への低負荷。 photo: Michael Dyrland 物質主義的な生活に疲れた人たちや大切な人との時間を愛しむ者をやさしく受け入れる小さな家は、2008年の経済危機以降の米国で大きなムーブメントとなりつつあるようだ。 犬小屋と揶揄される日本の住宅環境だが、Tiny Houseのコンセプトはうけるのではないか。社会環境は似たような閉塞感に包まれている。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); 投稿 by WHITE ROOM. ####25年ぶりの大雪にわくオーストラリア オーストラリア東部のスキー場[Falls Creek](http://www.skifalls.com.au/)が四半世紀ぶりの歓声に包まれている。6月下旬から断続的に大雪に見まわれ、7月17日ベースエリアの積雪深は150cmに達した。25年ぶりの記録更新だという。 普段はお隣のキュウイの高笑いを聞かされるオージーのスキーヤーだが、今年は逆の立場でアーリーシーズンを迎えたようだ。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); 投稿 by Falls Creek. 歴史的な日に新雪を滑るスキーヤーたち。んーなんだかビミョー。オージーのニセコ詣での気持ちがよく分かります。 同じ東部のThredboスキー場も好調! ####ソーシャルメディアコンテスト#KnowYourParkがローンチ スノースポーツの事故による怪我から雪上復帰を目指す人を支援する非営利財団High Fivesの啓蒙キャンペーン[#KnowYourPark](http://highfivesfoundation.org/blog/2014/06/30/join-knowyourpark-instagram-ph… Read more