11 11, 2013

Brain Floss

Room #2 A guide to the Volant Spatula By シェーン・マッコンキー 編集者注:本記事は、2002年12月に発行されたヴォラント・スパチュラのユーザーガイド「Brain Floss - A guide to the Volant Spatula」の翻訳です。リバースサイドカットとリバースキャンバーという独特の形状をもつスパチュラの特徴や乗り方を、開発者でもある故シェーン・マッコンキー自らが解説したものです 重要!スパチュラを手に入れたら滑りに行く前に、まず本ガイドを絶対に読むこと。スパチュラに乗った後でも読み返せるように保管すること。スパチュラに関する全てが書かれている。後から理解するうえでも役に立つはずだ。 まずはスパチュラの購入おめでとう!ファットスキーの発明以降、パウダースキーの歴史の中で最も革新的なスキーを手にしたことになる。スパチュラはパウダー滑走に対する既成概念を覆す。もっと楽に滑れるだけじゃない。未知の体験がこの先に待っている。 本ガイドでは、スパチュラ独自の形状や滑り方など、スパチュラ乗りに必要となる基本的な考え方を伝授する。 まず最初に、これまでのスキーの常識を虚心坦懐に地中深く埋めてしまえ。倉庫の奥に眠るカービングスキーと一緒に投げ捨ててもいい。それくらいしないと、次の3つの新しい考えを受け入れらない。 1.サイドカットはパウダーで効果を発揮しない。 2.キャンバーはパウダーで効果を発揮しない。 3.カービングはパウダーで必要ない。 単純にこう考えてもいい。新雪でもっとパフォーマンスを高めたいとする。ハードパック用のスキーを使いたいと思うだろうか。 スパチュラの滑り方 見ての通りスパチュラは、独特で奇怪な形状をしている。スパチュラを乗りこなすには、これまでのスキー技術を少し変えることが重要になる。心配いらない!簡単なテクニックばかりだ。多くの人はスパチュラの革新的なシェイプに不安を覚え、エキスパート専用だと思うかもしれない。はっきり言うが、それは間違っている!パウダーに慣れていないビキナーでもスパチュラは、パウダー滑走をずっと簡単なものにしてくれる。ここで説明するコンセプトにしても、ビギナーの方が固定観念に囚われたエキスパートよりスムーズに理解できるだろう。エキスパートは頭を柔らかくして、全く異なるコンセプトを受け入れる必要がある。それが無理なら、脳みそのヒダをフロス(歯間ブラシ)で掃除するしかないな! 両足を使って滑る! 谷足以上に両足を意識して加重すること。新雪で浮きやすく、機敏なスライドターンが簡単になる。ノーマルスキーでも有効な技術だが、スパチュラでは特に効果がある。サンクラストやウィンドエフェクトの斜面で最も実感できるだろう。実際にスパチュラに乗ってみればびっくりするに違いない。普通はこのようなコンディションでは、ゆっくり滑るしかない。でなければ、スキーのトップが引っかからないように気を使う必要がある。そんな注意はもういらない。両足加重でぶっ飛ばそう! 可能性の扉を開ける スパチュラ乗りにとって、パウダースキーの体験は劇的に変わる。ハイスピードでの操作がずっと簡単になる。スピードを抑えて丁寧に新雪を滑るタイプのスキーヤーは、もっとスピードをつけて滑ってみてほしい。心をオープンにして、思い切って滑ろう!もちろんゆっくりパウダーを滑ることだってできる。ただ一度でもスパチュラのスピード感覚にはまったら、もう二度とちんたら滑ってはいられない。 カービングよりもスライド 信じようと信じまいと、パウダーではぜひトライしてみてほしい。スパチュラを乗りこなすうえで、スライディングは最も難しい技術だが、コツはすぐにつかめる。スライドターンなんて習ったことがないという人でも、みんなをあっと言わせる滑りができるようになる。とにかくスパチュラに乗れば、自然と身につくだろう。締まった雪質になれば、ぐっとスライドさせやすくなる。スライドターンは操作性とスピードコントロールを大きく向上させる。新雪でスパチュラの動きに慣れたら、両足加重でフォールラインを斜めに横切るように板をスライドまたは横滑りさせてみよう。カービングターンのようにエッジを効かせないこと。フォールラインにダイレクトに向うスライドターンは直ぐにはできない。まずは斜滑降からのスライドで始めてみよう。 スキー仲間の板と交換して一本だけ滑る ノーマルスキーと比べて、初めて気づくこともある。二度と交換はゴメンと思うだろう。もっとスパチュラが好きになるはず。誓ってもいい! 浮上とスライディング 次に、スパチュラの効果をもっと実感するために、浮力とスラ… Read more

11 19, 2013

スパチュラ誕生物語

Room #2 HOW THE SPATULA WAS BORN – A HISTORY ロッカー全盛期の今、スキーテクノロジーのパラダイムシフトの始まりをイノベーターの言葉で振り返る。 By シェーン・マッコンキー 写真:Ulrich Grill / Red Bull Content Pool [編集者注:本記事は、2002年12月に発行されたヴォラント・スパチュラのユーザーガイド「Brain Floss - A guide to the Volant Spatula」に掲載された”HOW THE SPATULA WAS BORN – A HISTORY”の翻訳です] 1996年。当時のスキー業界は2つの革命的な発見の序章の段階にあった。カービングスキーの発明と新雪用ファットスキーの普及である。周知のとおり、今日ファットスキーはパウダーでの滑りを、カービングスキーはハードバーンでの滑りを完全に変えてしまった。圧雪やレースバーンでカービングを可能にする深いサイドカットを持つスキーの開発をメーカーが実験的に始めると、多くのスキーヤーはその新しいシェイプに大きな可能性をみた。 同時期、パウダーでのファットスキーの効果に気づき始めたスキーヤーも出てきた。かくいう自分も、従来型のスキーから(当時としては)特別に太いヴォラント・チャブに履き替えたばかりだった。いろんな雪質で試してみたが、その滑走性能には驚いた。その後、最新のカービングスキーを新雪で試す機会があった。ファットスキーによる体験が強烈だったこともあり、カービングスキーのサイドカットは新雪では有効でないと直感的に理解できた。当時ファットスキーはまだ珍しく、多くの人は従来型のスキーでパウダーを滑っていて、サイドカットのデメリットに気がつく者はいなかった。チャブに乗っていなかったら、この発見はなかっただろう。 1996年夏。アルゼンチン・ラスレーニャスのバーで仲間と飲んでいるときだった。何かのきっかけでリバースサイドカットのファットスキーのアイディアが浮かんだ。そのラフスケッチをテーブルのナプキンに描いて話は盛り上がったが、笑い飛ばす者もいた。それからの2年間、このナプキンは自宅にあるファイルキャビネットの「クール・アンド・ ファニー」のラベルがついた箱の中で眠ったままだった。どこかのスキーメーカーがそのアイディアに乗ってくれるかもという甘い期待を一度も抱くことなく。その間、多くのメーカーがカービング要素をもつサイドカットのファットスキーを作り始めていた。一方ヴォラントの開発チームは、最小限のサイドカットのファットスキーで最大限の浮力と操作性を引き出だそうと格闘していた。 1998年。ヴォラントのデザイン担当のエンジニア数人がスコーバレーを訪れた。目的は、新しいシェイプのファットスキーのテスト。その前から自分のスキー仲間やスキー知識に精通した者のグループで開発を進めていた。何本もの新しいスキーが持ち込まれたが、どれも基本的にはチャブに少しサイドカットを付け足したような形である。旧型のチャブを含め、全員で代わる代わる真新しいスキーに乗ってみた。確かに以前よりもオールラウンド指向になっている。圧雪でもカービングが比較的簡単になり、パウダーでも寸胴型のスキーよりもよく滑った。 試乗の最中、テスター仲間のスコット・ガフニーが遠慮がちに口を開いた。その言葉は、今でもパウダースキーのテクノロジーでおそらく最重要であり、今から思えば当然とも思えるようなコンセプトの元になるものだった。「キャンバーのある新品のスキーよりも、へたった古いチャブの方がパウダーではよく浮く」。ガフニーは周りをうかがいながら言った。それを聞いて、ひらめいた。例のナプキンのスケッチを記憶の中から引っ張りだし、そのコンセプトをじっくり考えた。硬い雪と柔らかい雪の相違点、パウダースノーと水の類似点を探した。こうして、パウダーを滑るときにスキーが受ける影響は水上滑走と似ているという考えにいたった。水上スキーはリバースサイドカットである。サーフボードも同じ。どちらもリバースキャンバーあるいはロッカーの形状を持っている。 それからの2年間、リバースキャンバーとリバースサイドカットのパウダースキーの利点を誰かれ構わず話した。このアイディアを口にしたとたん、ほとんどの人は笑うか丁重に微笑んだ。理解してくれたのは、スコットやJTホームズたち数人だけ。ヴォラントの人間でも真面目に取り合ってくれるとは思えず、説得を試みたことはなかった。パウダーでしか役に立たないスキーを買う人などいないからだ。過去にスキー業界はそれで失敗した経験がある。売れるスキーとは、多目的用途のオールマウンテンスキーである。余計にお金を払ってもうワンペア買おうなんて誰も望まない。スキーショップが店… Read more