7 29, 2014

Go South

Room #7

Intro

熱狂大陸

by 稲葉直幸

photo: SASS Global Travel

エアコンの室外機が唸りを上げる。雑音を追い払おうと雪山へ思いをはせる。どこまでも青い空とそこなしの深い雪。首すじをなでる冷気。ドロップポイントの緊張感。おかえりなさい冬。

なれどもアスファルトの熱風を浴びたとたん、脳内避暑地はたちまち霧散する。いっときの現実逃避はなんの慰みにもならない。

次の冬は遠いが赤道を越えればそこは冬のまっただ中。とりわけ南米の冬は熱い。サッカーW杯の熱狂も記憶に新しいところ。スタジアムが静まり返った今、南米の熱に罹ったスキーヤーの歓声がアンデスから上がり始めている。



南米のスキー場は広大な大陸に点在し、気象条件に大きく左右される。物理的にも気持ちの上でも新雪にたどりつくまでが遠い。行き先の選定からパンツの枚数まで入念な計画が必要になる。

そこで最初の一歩を踏み出すために基本的な南米スキートリップのポイントやスキー場の特徴をまとめた。地球の裏側まで気が遠くなる距離が少し縮まるはずだ。


南米の滑り方

8月がベストタイミング

南米に限らず新雪を滑るには時期が重要なのは言うまでもない。ただし南半球の季節の移り変わりは北半球のリズムと少し違う。大雑把にたとえると、南半球の7月は北半球の12月、8月は2月に、9月は4月に相当する。

軽いパウダー狙いなら7月だが雪不足のリスクがある。9月に入ると春スキーのコンディションが増え始める。一般的には8月がベスト。

なお7月中旬から終わりにかけて、南米の国は冬休みにはいる。スキー場に人が増え、ホテルのパッケージ料金も高くなる。

短期滞在にはフリーライドキャンプがおすすめ

滞在期間が増えれば良い雪に巡りあう機会も増える。しかし社会人なら移動時間をのぞけば1週間が限度だろう。短期間で効率良く滑るためにパックツアーに参加するのもいいが、滑り重視のスキーヤーには物足りない。案内するエリアもインバウンドがメインとなる。

徹底的に滑り込んでスキルを上げたい方には、フリーライドキャンプがおすすめ。専任のガイドやコーチと一緒にバックカントリーに出れば新雪オッズも高くなる。1週間単位のセッション形式のキャンプなら日程を組みやすい。各キャンプの特徴は別記事「南米フリーライドキャンプ2014」にまとめた。

チリvs.アルゼンチン

南米大陸には40ほどのスキー場があるとされるが、その多くはチリとアルゼンチンで占められる。スキー場の特徴は国別よりも緯度に影響される。

それぞれ利点と欠点があるが、大別するとチリのメジャーリゾートは首都サンティアゴ周辺に集まり、アクセスが容易。地形はそれほどスティープではない傾向にある。

一方アルゼンチンでは移動に時間がかかるが、ビッグマウンテンラインが待っている。ただし気象条件によって天国にも地獄にもなる。

別記事で代表的なスキー場の特色をまとめた。スキー場の個性を把握した上で、滞在時間に応じてアクセスの難度を考慮すると計画を立てやすい。

アルゼンチンのデフォルト危機

南米で一番ヤバいスキー場を問われたらアルゼンチンのラス・レーニャスを上げる人は多い。「南米のシャモニー」と呼ばれることもある南米フリーライドの聖地だ。

タイトなスケジュールしか組めないならラス・レーニャス一択もありだが、今年のアルゼンチンの夏はリスクが高い。債務不履行(デフォルト)の危機が7月30日に迫っているからだ。

デフォルトに陥れば、ペソ急落など経済的な混乱が予想される。現地の旅行者にも影響を及ぼすだろう。

7月下旬の時点ではデフォルトの可能が高いと憶測される。アルゼンチンに渡るなら情勢を見守りながらプランを練りたい。

稲葉 直幸/medium@Naoyuki_Inaba
梅雨明けに大型荷物が突然届いてびっくり。一ヶ月前に予約オーダーした板だった。発送メールくらい送ってよ。新手の詐欺かとびびった。箱を持って二度びっくり。軽っ!次号#8で記事にするよ〜

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
WHITE ROOMのテキストは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

 

Room #7 コンテンツ一覧

Twitter | Google+ | Facebook

Author: Naoyuki Inaba
URL: http://whiteroomski.com/articles/07-intro
Tags: #Intro #07 #South America

« Previous | Next »