7 29, 2014

チリ

Room #7

Area Guide

チリ・パウダーの刺激を堪能する10のスキー場プラス1

by 稲葉直幸

photo: Portillo

特徴

沿岸寄りなので降雪量はアルゼンチンより全体的に少し多い。首都サンティアゴ周辺のスキー場はアクセスが容易。広大なアルパインエリアをもつが、全体的に地形はあまり急峻ではない。南へ下ると森林帯を持つスキー場があり、降雪量も増える。

ビッグネーム

ネバドス・デ・チジャン Nevados De Chillán

標高差:1020m
リフト数:8 
コース数:28 
近くの大きな町:サンティアゴ(160km)
http://www.nevadosdechillan.com/

以前はテルマス・デ・チジャン(Termas de Chillán)の名前で知られたチリのパウダースポット。チリの”Valley X”と呼ばれることも。

リフトでアクセスできるアルパインエリアはアルゼンチンのラスレーニャスに匹敵するとも。吹雪いている時は森林帯でツリーランが楽しめる。南米最長のリフト(2.5km)とコース(7.4km)を誇るが、強風によるリフト運休のリスクがある。

雨が降るときは土砂降りとなるほど気象の変化は激しい。それでもサンティアゴから丸一日かけて足を伸ばす価値あり。温泉保養地としても有名。


ポルティージョ Portillo

標高差:762m
リフト数:12
コース数:34
近くの大きな町:サンティアゴ(142km)
http://www.skiportillo.com/

南米で最も名の通ったスキー場。外界から隔離されたリゾート空間は山上の豪華客船と呼ばれる。そのため人が少なく、ひとたび降雪があれば広大なアルパイン地形にノートラックが長時間保存されることとなる。

クレイジーな5人乗り”Come and Go”リフトRoca Jackも名物。1週間単位の宿泊パッケージが基本。滞在費を節約するならインカロッジ。

On The Road Episode X - Hotel Portillo

南米の”闇の奥”から帰還したSweetgrassクルーの”サマー”バケーション。


トレス・バレス Tres Valles

バジェ・ネバド(Valle Nevado)、ラ・パルバ(La Parva)、エル・コロラド(El Colorado)の3つのスキー場の総称

標高差: バジェ・ネバド 815m、ラ・パルバ 600m、エル・コロラド 900m
リフト数:バジェ・ネバド 13、ラ・パルバ15、エル・コロラド20
コース数:100 近くの大きな町:サンティアゴ(59km)

1980年代後半にフランスのリゾートを手本に設計され現在も開発が進むバジェ・ネバドにラ・パルバとエル・コロラドの3つのスキー場がリフトで繋がる。南米ではスキー場が同じエリアに集まることは珍しい。全体的にワイドオープンな地形は変化に富むが、スティープな斜面構成ではない。サンティアゴから日帰りできる距離にある。

バジェ・ネバド

Swatch Skiers Cup 2012のベースエリアにもなった。


ラ・パルバ

フォト&フィルムコンテストEye of the Condor開催でフリーライド界の注目を集める。

初代最優秀作品に輝いたのは[HAKUBA](https://vimeo.com/79225355)でおなじみDubsatch Collectiveチーム。
雪不足に悩まされた2013年。オール女性スキーヤーのIcelanticチーム。


エル・コロラド

車があれば、トップのゲートから道路に滑り降りてベースに戻るお手軽ツアーが人気。
ビッグマウンテンコンテストのChilean Freeskiing Championship開催地でもおなじみ。今年は8/20-25の日程で開催。
2013 The North Face Chilean Freeskiing Championships at El Colorado Highlights

FWT2012チャンプのドリュー・タブッキーのお気に入り。


オプション

Ski Arpa

http://www.skiarpa.com
ワイルドな地形とアコンカグアをのぞむロケーションがうりの家族経営のキャットスキー。そのポテンシャルはSubaru Freeski World Tour会場に選ばれたことでも折り紙つき。

オーストリア出身の元スキーインストラクターの父と今年6月にデナリ、フォレイカー、ハンターのアラスカ三山に登頂した山岳スキーヤーの息子が切り盛りする。

宿泊施設は専用キャンピングカーのみ。サンティアゴから車で2時間。

Subaru FWT Inspection Day: Ski Arpa


Antillanca

http://www.antillanca.cl/
カサブランカ火山の中腹にある新しいスキー場。

CHILE 2012 DAY 2

The North Faceアスリートも強風には勝てず。

Pucón

http://www.skipucon.cl/
南米大陸で最も古いスキー場のひとつで65年の歴史をもつ。活火山の山腹にある。

Cerro Mirador

http://www.clubandino.cl/index.html
マゼラン国立保護区内にある世界最南端のスキー場。ファミリー向けのローカルヒルだが、マゼラン海峡の絶景が目の前に広がる。

Volcán Osorno

http://www.volcanosorno.com/
オソルノ火山の山腹にある雄大なロケーションが人気。

Chapa Verde

http://www.chapaverde.cl/
元々は地元銅山の経営者のプライベートスキークラブとして造られた。広いオフピステとアンデスの景色が楽しめる。


稲葉 直幸/medium@Naoyuki_Inaba
梅雨明けに大型荷物が突然届いてびっくり。一ヶ月前に予約オーダーした板だった。発送メールくらい送ってよ。新手の詐欺かとびびった。箱を持って二度びっくり。軽っ!次号#8で記事にするよ〜

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
WHITE ROOMのテキストは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

 

Room #7 コンテンツ一覧

Twitter | Google+ | Facebook

Author: Naoyuki Inaba
URL: http://whiteroomski.com/articles/07-chille
Tags: #Area Guide #07 #South America

« Previous | Next »