7 29, 2014

La Chanchita

Room #7

Trip

カスタムメイドな南米スキーバスツアー

by 稲葉直幸

南米の旅で一番大変なのは交通の便といわれる。特に鉄道網はあまり発達しておらず、本数も少ない。目的の駅に着いてもスキー場はアンデスの山中。アクセスは容易ではない。主要な交通手段の長距離バスは身体にこたえる。

移動の困難も旅の醍醐味と言えばそれまでだが、アンデスの広大なバックカントリーを滑るためにも体力はできるだけ温存しておきたい。身体を休める宿にしても、知らない町で自分の条件にあった宿を探すのは苦労する。南米のスキー場の多くはベースエリアにスキータウンを持たず、リゾートホテルだけのところが多い。リーズナブルとはほど遠い。

南米スキートリップのこうした問題を解決するために、La Chanchitaバスツアーは生まれた。スキーヤーをターゲットに今シーズンから運行するこの大型バスは、乗客を目的地に運ぶだけでなく寝床も提供する。スキーヤーのリクエストに応じて広大な南米を旅する移動式ホステルがコンセプトだ。

1966年式ベンツのスクールバスを改造した車内には、ベッド6台にキッチン、トイレ、簡易シャワー、薪ストーブを備える。Facebookに投稿された改装中の写真には、木材をふんだんに使った居心地の良い空間が広がっている。滑って疲れた体を休めるには十分のように見える。

全てのトリップはアルゼンチン・パタゴニア地方バリローチェを起点に始まる。未開の土地を走るレトロなバスは雄大な風景に溶け込むだけでなく、南米を初めて旅するスキーヤーの不安な気持ちも溶かしてくれるだろう。 料金:一泊50ドル・七泊300ドル 料金にはバリローチェ空港やバスステーションへのピックアップが含まれる。ただしガソリン代は距離に応じて別途計上される。 最新情報は[Facebook](https://www.facebook.com/lachanchitargentina)で。 Website:[La Chanchita South America Tours](http://chanchitabus.wix.com/chanchitabus)
稲葉 直幸/medium@Naoyuki_Inaba 梅雨明けに大型荷物が突然届いてびっくり。一ヶ月前に予約オーダーした板だった。発送メールくらい送ってよ。新手の詐欺かとびびった。箱を持って二度びっくり。軽っ!次号#8で記事にするよ〜 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
WHITE ROOMのテキストは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
 
Room #7 コンテンツ一覧

Twitter | Google+ | Facebook

Author: Naoyuki Inaba
URL: http://whiteroomski.com/articles/07-bus
Tags: #Trip #07 #South America

« Previous | Next »