7 29, 2014

アルゼンチン

Room #7

Area Guide

南米フリーライドのメッカ

by 稲葉直幸

photo: Las Lenas

特徴

メジャーリゾートへは州都メンドーサかバリローチェの空港からアクセスが良い。旅費を節約するなら首都ブエノスアイレスから長距離バスを使う手もある。

ビッグネーム

ラス・レーニャス Las Lenas

標高差:1200m 
リフト数:11 
コース数:40 
近くの大きな町:メンドーサ(360 km)、ブエノスアイレス(1200km)
http://www.laslenas.com/

広大なビッグマウンテンの地形を擁するスキー場として長らく人気を誇る。スキー場トップにアクセスする悪名高きMarteチェアを降りれば、南米のみならず世界でも有数のリフトアクセス・スキーのパラダイスが広がる。スティープシュートが連なるワイルドな滑走環境に圧倒されること間違いない。

アルゼンチンでベストのスキー体験がえられるが、同時にワーストにもなる。Marteは強風や降雪、雪不足などで止まることが多い。スキー場全体がアルパイン地形で占められるため、天候が悪いとバーで時間を潰すしかない。周辺の宿泊施設は限られ、滞在コストは安くない。とはいえ、スキーバムも少なくない。長期滞在するなら裏技を嗅ぎつけたい。

バム達のひと冬の思い出。


カテドラル・アルタ・パタゴニア Catedral Alta Patagonia

標高差:1150m
リフト数:38
コース数:43
近くの大きな町:バリローチェ 22km
http://www.catedralaltapatagonia.com/

ゴシック教会を彷彿する峰々や神秘的な湖のパノラマが広がるパタゴニアの巨大リゾート。セロ・カテドラル(Cerro Catedral)の名前でも知られる。開業は1936年と古いが、段階的に開発が進み現在では南米最大級の規模を誇る。アルパイン地形のスティープラインの魅力はNubesリフトがオープンすると倍増する。美しい森のツリーランは嵐の日にうってつけ。ラス・レーニャスのように天気や運に泣くリスクは小さい。

アンデスのスキーリゾートには珍しくベースにビレッジをもつ。手頃なホステルやレストランに困らない。バリローチェを拠点にすればさらに選択肢が増える。狭いエリアに世界中の猛者が集まるラスレーニャスよりもアルゼンチンの文化や雰囲気を満喫できる。

ローカル

Chapelco

http://www.chapelco.com.ar/
パタゴニア地方にある中規模のファミリーリゾート。急斜面はないが、独特のツリーランを体験できる。拠点となるサン・マルティン・デ・ロス・アンデスの町は心地よいリゾートタウンの雰囲気に包まれている。


Los Penitentes

http://www.lospenitentes.com/
少しのハイクで中急斜面のバックカントリーにアクセスできる穴場の中規模リゾート。チリとアルゼンチンを繋ぐインターナショナル・ハイウェイ上あり、チリのポルティージョからも近い。


Cerro Castor

http://www.cerrocastor.com/
南米大陸の最南端部ティエラ・デル・フエゴにある新しいリゾート。


稲葉 直幸/medium@Naoyuki_Inaba
梅雨明けに大型荷物が突然届いてびっくり。一ヶ月前に予約オーダーした板だった。発送メールくらい送ってよ。新手の詐欺かとびびった。箱を持って二度びっくり。軽っ!次号#8で記事にするよ〜

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
WHITE ROOMのテキストは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

 

Room #7 コンテンツ一覧

Twitter | Google+ | Facebook

Author: Naoyuki Inaba
URL: http://whiteroomski.com/articles/07-argentina
Tags: #Area Guide #07 #South America

« Previous | Next »